地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

地盤改良の工法|大中環境

HySPEED工法と既存工法一覧表

地盤改良に用いられる工法は「表層改良工法」「柱状改良工法」「銅管杭」の3つが主流でしたが、それぞれ問題も抱えています。新たな工法であるHySPEED工法は、既存工法と比較してあらゆる面で優れています。

比較表

工法名 表層改良工法 柱状改良工法 鋼管杭打工法 Hyspeed工法
使用骨材 セメント系硬化剤 セメント系硬化剤 鋼管 砕石
施工イメージ写真
品質面 不同沈下が起こりにくいか
液状化現象に対応できるか × × ×
環境面 土壌汚染対策法施行に伴うリスクに対する対応
コスト面 不動産鑑定のマイナス評価に対する対応 × ×
60万~80万円
×
100万円~

60万~70万円
制度面 施工後に性能検査を行なっているか
工期 2日間 3日間 2日間

周辺摩擦抵抗の比較

施工後の周辺摩擦抵抗を、柱状改良工法とHySPEED工法とで比較します。

柱状改良工法 Hyspeed工法
腐植土とセメントが枯渇しにくいため品質劣化が起こる可能性がある 腐植土などの土壌による品質劣化がない
工程上、支持層が必要になる 特に強固な支持層は必要としない
周辺地盤の強度は強化されない 砕石転圧作業によって水平方向に圧密を行うため、周辺地盤も強化される
液状化に対応できない 砕石杭が排水機能を持つため、液状化に対応できる
発ガン性物質である六価クロムが発生する可能性がある 天然素材のため公害や劣化はなく、六価クロムは100%発生しない

*

各工法との費用・工期の比較

地盤改良工法にはさまざまな種類がありますが、それぞれ安全性も違えば、費用・工期も異なります。当サイトでご紹介しているHySPEED工法は、その高い安全性と確実性だけでなく、比較的費用が安く工期も短いことが特徴です。

トータルコスト比較表

地盤改良はイニシャルコストだけではなく生涯のコストで検討を

お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク