地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

地盤改良のよくある質問|大中環境

地盤改良Q&A

詰め込んだ砕石が崩れることはありませんか?
HySPEED工法では、工程でエアハンマーと負回転によって周辺地盤へ圧密をかけています。これによって土圧は安定するため、崩れる心配はありません。
水位が高くて砂質土の場合でも施工は可能でしょう?
従来の地盤改良法ではできませんが、HySPEED工法であれば施工可能です。方法としては、掘削後にオーガを抜かず、そのまま砕石を投入します。
支持層が深い場合にはどう対処するのでしょうか?
支持層が2~5m以上なら問題ありません。杭下端の支持力が得られる層に杭端を置きます。
杭先端以深が軟弱な場合はどうなるのでしょうか?
杭先端の支持力層が1.5m以上あれば特に問題なく施工可能です。
液状化危険層が杭長に対して深い場合はどうなりますか?
柱状改良工法と比較すると、HySPEED工法は杭先端荷重が少なくなり杭長も短くなるため、コストは下がります。
HySPEED工法の砕石パイルは座屈を起こすことはあるのでしょうか?
座屈を起こすことはありませんのでご安心ください。
鉛直力には非常に強いと思いますが、水平力に対してはどうですか?
あくまで地盤改良であり杭ではないため、水平方向での検討はしません。
毛細管現象が起こることはありませんか?
HySPEED工法による砕石パイルは間隙率が高く、透水係数が9.0㎝/Sとなっており、毛細管現象は起こりません。
液状化に強い理由を教えてください。
過剰水圧を瞬時に吸収できる間隙水圧消散工法を使用しているからです。
お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク