地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

地盤沈下の種類|大中環境

不同沈下の原因とは?

建物が傾いて、床に置いたボールが勝手に転がる…。この原因となるのが「不同沈下」です。家全体が沈下するのではなく一部が沈下して、床の傾きやドア・窓などの歪みを引き起こします。

原因としては、建物を建てる前の地盤が軟弱であることや埋め戻しが不十分であることが多いようです。

不動沈下の原因一覧

不動沈下の原因一覧

  • 軟弱地盤のため
  • 埋め戻しが緩かったため
  • 盛り土内にガラ(廃材、ゴミなど)が混入していたため
  • 旧水路の埋め戻しが不十分だったため

液状化現象について

地震の振動によって地盤が一時的に液状になってしまう現象が「液状化現象」です。この原因は地盤を構成している土や砂、水などが振動によってバラバラに分離することにあります。これは海や川などの近くにある地盤の緩い場所で発生しやすい現象で、雨が降った直後の地面を何度も踏みつけると柔らかくなってくるのと同じです。

液状化現象によって、建物が傾いたり地中にあるものが浮き上がってきたりします。液状化現象の完全な予防は困難ですが、地盤改良による対策は可能です。

液状化現象について図説

お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク