地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

hySPEED工法|大中環境

六価クロムとは?

六価クロムとは、クロム酸や重クロム酸カリなど、化学式で「六価」にあたるクロムを指します。地盤改良を行う際、このクロムが発生する危険が指摘されています。

六価クロムについて更に詳しく見る(外部サイトにリンクします)

家の下から発ガン物質発生!?

セメント系固化材を使用して地盤改良を行うと、「六価クロム」が発生する恐れがあります。
六価クロムは発ガン性物質であるため、現在では公共工事に関してセメント系固化材を用いた地盤改良は規制されています。

発がん物質、六価クロムの危険性

不動産価値がゼロに??

所有地から発ガン性物質である六価クロムが発生すると、「土壌汚染」として土地の価値が下がってしまいます。場合によっては価値がゼロになることもあるため、非常に大きな問題になり得るのです。

また、地盤補強に用いた杭などを撤去する際は、補強にかかった費用の5倍もの費用が必要になります。

不動産価値の目減り

HySPEED工法で六価クロムの発生をゼロに!!

自信のHySPEED工法なら
HySPEED工法はセメントを使用しないため、六価クロムの発生は一切ありません。また、天然砕石のみを使用した地盤改良法であるため、不動産売買の際に埋設物として扱われることはありません。建て替えを行う際も、同じ程度の建物であればパイルをそのまま続けて使用できるため、非常に経済的なのです。
土地の資産価値を下げることがなく、環境にも優しい地盤改良法だと言えるでしょう。
お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク