地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

hySPEED工法|大中環境

HySPEED工法とは?

従来のセメントなどによる工法は
セメントや鋼管杭などの固化材を用いるのが一般的でした。
しかし、それによる六価クロムの発生からの土壌汚染や資産の目減りなど問題点が多々あります。
自信のHySPEED工法なら
HySPEED工法は天然砕石と空気のみを使用し軟弱地盤を改良する新工法です。
この工法では、地盤に掘った穴に天然の砕石を詰めて石柱を形成します。天然の砕石以外は使用しないため、土壌汚染・産業廃棄物として扱われる心配がありません。人にも環境にも優しく、強度の高い地盤にできる工法なのです。

HySPEED工法 天然砕石パイル工法

強度について

しかし、HySPEED工法で使用する砕石杭は、せん断に追随するため破損することがありません。さらに、地盤そのものを強化できるため、共振を和らげる効果も持っています。

強い地盤、軟弱地盤の比較

地震に対する強度

従来のセメントなどによる工法は
大きな地震が発生すると、地層にせん断力がかかるため、従来のセメントなどによる工法では破損が起こってしまいます
自信のHySPEED工法なら
しかし、HySPEED工法で使用する砕石杭は、せん断に追随するため破損することがありません。さらに、地盤そのものを強化できるため、共振を和らげる効果も持っています。

HySPEED工法 天然砕石パイル工法

液状化に対する強度

大きな地震が起こると、地盤を構成する土や砂、水などが分離して液状化現象が発生します。しかし、HySPEED工法で作られる砕石杭は水を通すため、水圧を逃がして液状化を低減できます

HySPEED工法 天然砕石パイル工法

HySPEED工法とは?

HySPEED工法とは、セメントなどを一切使うことなく天然素材だけで軟弱地盤を改良する工法です。この工法には、他の工法と比べてコストメリットが大きいことをはじめ、下記のようなメリットがあります。

  • 土壌汚染、地下水汚染の危険がない
  • ほかの工法と比較してCO2が大幅に削減できる
  • 地震などによる液状化現象が防げる
  • 建て替えをしてもリユースが可能
  • 土地の価値が下がる心配がない
お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク