地盤改良なら大中環境へ|愛知・名古屋・岐阜・三重

地盤環境の問題点|大中環境

地盤改良3工法の問題点

地盤沈下を防ぐために行う地盤改良では、現在下記の3工法が用いられています。

  • 表層改良法
  • 柱状改良法
  • 鋼管杭

上記の3つの地盤改良工法は地盤沈下の対策が可能ですが、その代わりいくつかの問題点が指摘されています。特に大きな問題とされているのが「環境汚染」「資産目減り」「品質不良」の3つです。

環境汚染問題

国土交通省直轄工事の場合、地盤改良の際にセメントやセメント系固化材を使用するときには発ガン性物質である「六価クロム」の溶出試験を実施する義務があります。もし環境基準を超える量の六価クロムが確認された場合は、固定材や工法そのものを変更しなければなりません

しかし、民間戸建住宅の施工の際には溶出試験が行われておらず、汚染のリスクもほとんど知られていないというのが現状です。

六価クロムとはどんな有害物質なのでしょうか

資産目減り問題

地盤改良の際にセメントなどの地下埋設物や六価クロムなどの土壌汚染物質が出ると、土地がマイナス評価されてしまいます。工法次第では土地の資産価値が大きく変わってしまうリスクもあるのです。

品質不良問題

新築の建て替えを希望されるお客様の場合、次の工事も考慮しなければなりません。当社では、お客様のご都合を優先し、工期内での解体工事をお約束します。
※万が一、工期延長となった場合には、1日あたり10万円の保証をさせていただきます。

見積もり無料

地盤改善をしたつもりが、品質不良によって逆に地盤沈下を引き起こしてしまうことがあります。 下記のような工事の際のミスが大きな問題となるのです。

支持地盤の起伏を考慮せずに、事前調査による想定設計に基づいた施工だけが行われた場合
施工に使用したセメント系固化材と腐食土の相性が悪いために固結不良が生じた場合。 もしくは地下水脈がある場合。

その他にも、施工後に性能検査試験を実施していない場合なども、後々になって問題が起こる原因となります。こうした現状の工法による問題点は、住宅保証機構などの機関からも指摘されています。

お問い合わせはこちら 無料特典つきアンケートはこちら
株式会社 大中環境

〒494-0012

愛知県一宮市明地山中25番地

大中環境 お問い合わせ先

大中環境
関連リンク